有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ – 「有機ELディスプレイ」

概要

有機エレクトロルミネッセンス 有機elディスプレイ 以下ではについて解説する。単に「有機el」といった場合、を指すことも多い。駆動方式によりアクティブマトリクス型(am-oled、アモレッド)

有機ELディスプレイ【organic electroluminescent display】とは、ある種の有機化合物を用いた層状の構造体に電圧をかけると発光する有機EL(エレクトロルミネッセンス)現象を応用した表示装置。コンピュータ用ディスプレイや薄型テレビ、スマートフォンなどの携帯情報機器の画面として利用されている。

有機エレクトロルミネッセンスの原理をディスプレイとして世界で初めて商品化に成功した国である日本は、プラズマディスプレイや表面伝導型電子放出素子ディスプレイなどの有機elディスプレイ以外の方式を次世代ディスプレイの本命として数千億円

有機エレクトロルミネッセンス(EL)材料 / Organic Light-Emitting Diode (OLED) Materials 有機EL素子は環境負荷が小さく,軽量かつフレキシブルな有機材料を用いているため,次世代のディスプレイや照明用光源として注目されています。

エレクトロルミネッセンスは,材料の発光現象の一種である。一般に材料の発光現象は,高温の物質が光を放射する現象とルミネッセンスに大別できる。このうちルミネッセンスとは,材料が過剰なエネルギーを光として放出して安定な状態に戻る現象を言う。

有機エレクトロルミネッセンス 有機エレクトロルミネッセンスの概要 ナビゲーションに移動検索に移動 AMOLEDを採用するSamsung Galaxy Note 10これらの発光素子は発光層が有機化合物から成る発光ダイオード(LED)を構成しており、有機化合物中に注入

そもそも「有機el」とは?

しかし発光面の大面積化に対して直接的な障壁がないことや無機材料を用いることによる長寿命などの長所もあり、有機elと同様開発が進めばディスプレイやテレビ、照明などに応用できる。 有機elと違い気密を確保する必要がないため、塗装が可能。

概要. フレキシブルディスプレイは電子ペーパー型と有機エレクトロルミネッセンス型の2系統に大別される。 それぞれの方式に一長一短があり、用途に応じて使い分けられる。従来のフラットパネルディスプレイはいずれも柔軟性がなかったが、基板を柔軟性のある樹脂にして低温での製造が

スポンサード リンク 【特許請求の範囲】 【請求項1】 ガラス基板に透明電極層を形成する工程、有機層を形成する工程及び電極層を形成する工程の後、前記ガラス基板上の形成物を封止する工程を備える有機エレクトロルミネッセンスディスプレイパネルの製造方法であって、前記工程の

May 08, 2017 · 有機エレクトロルミネッセンスの概要目次へAMOLED Samsung Galaxy Note で使用有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、OEL)、有機EL(ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオ

有機エレクトロルミネッセンスの原理をディスプレイとして世界で初めて商品化に成功した国である日本は、プラズマディスプレイや表面伝導型電子放出素子ディスプレイなどの有機elディスプレイ以外の方式を次世代ディスプレイの本命として数千億円

有機EL層の上に形成される第2電極間あるいは第2電極と第1電極との間の絶縁性を確保して、かつ有機EL素子の封止を薄膜で行う場合にも発光に寄与する有機EL膜の封止を確実に行うことを可能にする。 – 有機エレクトロルミネッセンスディスプレイパネル – 特開2003−45668 – 特許情報

Galaxy Note」で使用 有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、organic electro-luminescence: OEL)、とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(、organic light-emitting diode: OLED)や発光ポリマー(はっこうポリマー、light emitting polymer: LEP)とも呼ば

有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ及び駆動回路 スポンサード リンク 【要約】 【課題】 有機EL有機ELディスプレイの赤色の純度の向上を図る。 【解決手段】 赤の信号が入力されたときに、赤色発光に青色発光を混ぜて赤色を表示する。

(57)【要約】 【課題】 フルカラー有機ELディスプレイにおける赤 色、青色、緑色の色純度及び輝度の向上を図る。 【解決手段】 赤色と青色の発光画素4R,4B上のみ に同一材料によるマゼンタ色フィルタ7が形成されて成 る。

有機半導体レーザー

【課題】高い色純度を確保しつつ高透過率化を可能とし、かつ染料および/または顔料の退色を効果的に防止できるカラーフィルタおよび該カラーフィルタを用いたディスプレイ装置の提供。 【解決手段】カラーフィルタは、基材と、前記基材上に形成された、色材として染料および/または

隔壁を用いずに第2電極を分割でき、かつフォトレジストとして同じパターン精度のものを用いても、第2電極の分割間隔を従来に比べて狭くすることを可能にする。 – 有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ及びその製造方法 – 特開2008−4865 – 特許情報

All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. この記事は、ウィキペディアの有機エレクトロルミネッセンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も

シール剤中への気泡の残留を防止するためにカバーガラスを変形させながら貼り合わせるようにすると、ローラ等で押圧力を加えたときにカバーガラスが破損しやすくなる。 – 有機エレクトロルミネッセンスディスプレイの製造方法 – 特開2002−110349 – 特許情報

有機層全体は数百nm以下と、非常に薄いのが特徴的である。 有機ELディスプレイはエレクトロルミネッセンス(EL; electroluminescence)という、熱をほとんど出さずに電気を光に変える現象を利用している。

All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. この記事は、ウィキペディアの有機エレクトロルミネッセンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も

[PDF]

有機エレクトロルミネッセンス素子の展望 219 本稿では,有 機el素 子の構造,原 理,要 求される材 料特性について述べ,最 近の文献から各種材料およびそ

(57)【要約】 【課題】透明導電層の低抵抗化を図ると共に、補助電極 層の腐食や酸化、陰極との導通不良を防止し、輝度ムラ のない大面積有機EL素子を安価に提供する。 【解決手段】少なくとも、透明陽極層2、有機発光媒体 層3、陰極層4からなる有機エレクトロルミネッセンス 素子において

(57)【要約】 【課題】有機EL層の上に形成される第2電極間あるい は第2電極と第1電極との間の絶縁性を確保して、かつ 有機EL素子の封止を薄膜で行う場合にも発光に寄与す る有機EL膜の封止を確実に行うことを可能にする。 【解決手段】有機ELディスプレイパネル1は、カラー フィルタ2の表面に

バックライト – 赤外域に感度の波長域のある光有機導電性薄膜と組み合わせて赤外光を可視光に変換。 関連項目. ルミネセンス; 発光; 物性物理学; 有機エレクトロルミネッセンス(有機el) 無機エレクトロルミネッセンス(無機el)

朝日新聞掲載「キーワード」 – 有機el(エレクトロ・ルミネッセンス)ディスプレーの用語解説 – 有機材料に電流を加えることで材料自らが発光するディスプレー。液晶と違ってバックライトが不要なので、薄型・軽量化が可能。省電力効果もある。色の再現性、コントラスト、動画応答速度

前記有機担持媒体の分子量が10000以下であることを特徴とする請求項1に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。 【請求項3】 前記有機担持媒体がホスト材料であることを特徴とする請求項1または2に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。

朝日新聞掲載「キーワード」 – 有機el(エレクトロ・ルミネッセンス)ディスプレーの用語解説 – 有機材料に電流を加えることで材料自らが発光するディスプレー。液晶と違ってバックライトが不要なので、薄型・軽量化が可能。省電力効果もある。色の再現性、コントラスト、動画応答速度

tdkは次世代表示装置として期待される有機el(エレクトロ・ルミネッセンス)で、6.5インチの中型ディスプレーを開発した。低コスト生産に適した「パッシブ」方式と呼ばれるタイプでは業界最大という。カーナビゲーションシステム向けなどに来年8月から

【発明の属する分野】本発明は、電流の注入によって発光する有機化合物材料のエレクトロルミネッセンス(以下、ELという)を利用して、かかる有機EL材料の薄膜からなる発光層を備えた有機EL素子の複数をマトリクス状に配置した有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイの、OELD とOLED は、違うものなのでしょうか? / 有機エレクトロルミネッセンス – Wikipedia有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、OEL[1])、有機EL(ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した

「有機EL(ゆうきエレクトロルミネッセンス)」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 朝のテレビ番組で照明の特集を見ました。

エレクトロルミネッセンス(electroluminescence, EL)とは、蛍光体に電圧を加えたとき発光する現象のことです。熱をほとんど出さずに電気エネルギーを光に変えます。 この発光体に有機化合物を使うものを特に有機EL(organic electroluminescence)と呼びます。

【課題】発光波長が制御され、高い発光効率を示し、且つ発光寿命の長い有機EL素子材料の提供。 【解決手段】下記一般式で表される部分構造を有する金属錯体を含有する有機エレクトロルミネッセンス素

[PDF]

アントラセン誘導体、有機 エレクトロルミネッセンス 素子用発光材料及び有機 エレクトロルミネッセンス 出光興産 105.5 a+++ b 2010-007524 4613249 有機電界発光素子並びに 新規な白金錯体化合物及 びその配位子となり得る 新規化合物 富士フイルム 98.2 a++

前記有機担持媒体の分子量が10000以下であることを特徴とする請求項1に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。 【請求項3】 前記有機担持媒体がホスト材料であることを特徴とする請求項1または2に記載の有機エレクトロルミネッセンス素子。

「有機エレクトロルミネッセンス」に関連した英語例文の一覧と使い方 – Weblio英語例文検索 有機エレクトロルミネッセンス素子、有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ

el2018は無機エレクトロルミネッセンスに関する1980年に始まった一連の国際ワークショップの続きであり、1988年には有機エレクトロルミネッセンスを含むように拡大されました。

有機エレクトロルミネッセンス材料 / Organic Electroluminescent Materials,有機エレクトロルミネッセンス材料 / Organic Electroluminescent Materials. 一方,発光素子に有機化合物を用いる有機エレクトロルミネッセントディスプレイ(OELD)は,1987年に報告されて以来,研究

株式会社fukは、有機el(oled)・フレキシブルoled(foled)(有機エレクトロルミネッセンス、有機発光ダイオード、発光ポリマー)貼合せ・貼付け・ラミネート、研磨洗浄等プロセス技術でタッチパネル製造装置、有機el(oled)製造装置等の開発・設計等を開発する枚葉装置メーカーです。

イントロダクション 一部:さまざまなルミネッセンス ホタルの発光、ルビーの輝き ゆらめくオーロラと有機elディスプレイ 二部:りん光が有機elを明るくする 蛍光とりん光;励起状態の科学 りん光発光材料を用いた量子効率100%の有機elディスプレイ リンク集

特許請求の範囲 【請求項1】 複数の発光部からなる画像表示配列を有している有機エレクトロルミネッセンスディスプレイパネルであって、前記発光部に対応する複数の第1表示電極が表面上に形成された基板と、少なくとも前記第1表示電極の一部分を露出せしめる前記基板上に突出する複数の

近年、液晶ディスプレイやプラズマディスプレイに代わる薄型平面ディスプレイ装置として有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ(以下、「有機エレクトロルミネッセンス」を「有機EL」という)が着目されている。

有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、Organic Electro-Luminescence:OEL、有機EL:ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオード、Organic light-emitting diode:OLED)や発光ポリマー(はっこうポリマー

技術移転可能な特許!ライセンス先を探索中!大学、公的研究機関の有望特許を公開中!【課題】 ピーク波長が380nm以下の短波長の光を発生させることができる有機エレクトロルミネッセンス素子を提供すること。【解決手段】 透明基板上に、透明陽電極層、金属フッ化フタロシアニンを含む

次に有機ELディスプレイのエレクトロルミネッセンスの例を見てみよう。 有機ELディスプレイ 本文中でも何度か紹介したように、有機ELディスプレイの”EL”は”Electroluminescence”からとったものだ。このディスプレイでどのようにエレクトロルミネッセンスが

[PDF]

有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)、有機TFT、有機メモリーや 有機太陽電池など有機半導体デバイスの研究が行われている。な かでも有機ELは、1987年にC. W. Tangらが積層有機薄膜への電 荷注入で励起分子からの発光を観測して以来、次世代の自発光デ

[PDF]

エレクトロルミネッセンス* 三 浦 登** 1 は じめに テレビやコンピュータ用のディスプレイはブラウン 管(crt)か らフラットパネルディスプレイへ急速に 移行してきているのが感じられる.と くに日本ではそ の勢いが顕著である.日 本のエレクトロニクスメー

バックライト – 赤外域に感度の波長域のある光有機導電性薄膜と組み合わせて赤外光を可視光に変換。 関連項目 [編集] ルミネセンス; 発光; 物性物理学; 有機エレクトロルミネッセンス(有機el) 無機エレクトロルミネッセンス(無機el)

【特許請求の範囲】 【請求項1】 ホスト化合物、及びりん光性化合物を含有する発光層を有する有機エレクトロルミネッセンス素子において、ホスト化合物がアニオンラジカルとなる場合のGaussian98を用いて計算した再配向エネルギーの値が0eVを超えて0.50eV以下であることを特徴とする有機

有機エレクトロルミネッセンス中文有機發光半導體,點擊查查權威綫上辭典詳細解釋日文有機エレクトロルミネッセンス的中文翻譯,有機エレクトロルミネッセンス的真人發音,用法和例句等。

有機エレクトロルミネッセンス素子は、ディスプレイ、バックライト、および照明用途等に広く用いられている。 一般に、有機エレクトロルミネッセンス素子は、陽極と、陰極と、これらの電極間に設置された有機発光層とを有する。

[PDF]

有機薄膜エレクトロルミネッセンス素子の電流注入機構. 江 草 俊. 有機薄膜エレクトロルミネッセンス(EL)素 子は, 1000Cd/m2以 上の高輝度発光が得られるよ うになったことで,大きく注目されている,この高輝度発光が得られるようになった第1の 理由は,

特許公報(b2)_有機エレクトロルミネッセンス素子の製造方法 エレクトロルミネッセンス素子、表示装置及び照明装置に関する。 従来、発光型の電子ディスプレイデバイスとして、エレクトロルミネッセンスディスプレイ(ELD)がある。

続きを表示 有機エレクトロルミネッセンス(ゆうきエレクトロルミネッセンス、英語: organic electro-luminescence: OEL)、有機EL(ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理 現象であり、その現象を利用した有機 発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオード ()、英

有機エレクトロルミネッセンス素子、有機エレクトロルミネッセンス表示装置及びそれらの製造方法 例文帳に追加. organic electroluminescent element, organic electroluminescent display device, and manufacturing method of those – 特許庁

「有機エレクトロルミネッセンス」に関連した英語例文の一覧と使い方(8ページ目) – Weblio英語例文検索 有機エレクトロルミネッセンスディスプレイ