水越康介 論文 – KAKEN — 研究者をさがす

本ホームページは、価値の創造を考えるために運営されています。 [contact e-mail] info[@]mizkos.jp [twitter] @mizkos [FB]

水越 康介. The purpose of this paper discusses a dispute of marketing methodology, and protecting a case study with practical view. This paper indicates new position of case study which is adopted marketing stud 日本情報経営学会誌 34(2), 111-123, 2014. J-STAGE

卒業論文 2015年度(なし) 2009年07月23日. 卒業論文 2010年度. 2008年08月17日. 卒業論文 2009年度. facebook. 水越康介ゼミ

水越康介『企業と市場と観察者 マーケティング方法論研究の新地平』有斐閣、2011年。 猶本良夫・水越康介編『病院組織のマネジメント』碩学舎、2010年。 水越康介『q&a マーケティングの基本50』日本経済新聞社、2010年。

記事・論文 ノスタルジア消費に関する理論的研究 水越 康介. 詳細情報. タイトル: ノスタルジア消費に関する理論的研究: 著者: 水越 康介:

水越 康介 [首都大学東京・社会科学研究科]の論文や著者との関連性

水越 康介 Open Journal of Marketing,(2013-3),1-11 (2013) , 本リポジトリに登録されている論文等の利用については、著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。

[PDF]

Discussion Paper Series, No.007 Research Center for Innovation Management, Ritsumeikan University ネット利用における メディア・リテラシーとオピニオン・リーダーの影響

ソーシャルメディアとマーケティング戦略 (増補改訂版) Social Media and Marketing Strategy (Revised edition)

[PDF]

があるのか調べたいという思いで、本論文のテーマを流行にした。 本論文ではパワースポットのブームに着目して、流行に関して議論したい。古典理論や メディアの観点からパワースポットブームを読み解き、はたしてこのブームは今までの理

掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等) 単著・共著区分: 共著(第一著者) タイトル: ビッグデータはどのように小売企業の競争優位を高めるのか-サプライヤー協調性を媒介変数とした検討-

本稿では、近年注目を集める実践的転回( practice turn)を考察し、消費経験論への再接続を試みる。 1980年代に Hirschmanや Holbrookを中心に展開された消費経験論は、今日では、消費文化理論(Consumer Culture Theory: CCT)の名のもと

水越 康介 首都大学東京・社会科学研究科 水越 康介 首都大学東京都市教養学部経営学系 水越 康介 神戸大学経営学研究科 関連論文. 医療現場とマネジメント(3)ブリコラージュの概念

[雑誌論文] ネット・コミュニティにおけるアバター効果の考察 : 日韓アバターサイトの事例分析 2010 著者名/発表者名 西川英彦・ 金雲鎬・ 水越康介

水越 康介: 著者(ヨミ) 学位論文をカテゴリ別(博士論文、修士論文)に検索いただけるようになりました。リンクリストも新設しましたので、是非ご利用ください。

日本マーケティング学会のテーマは「探求と創発」。研究者と実務者が出会い、世界トップクラスのマーケティング力を培っていく場所を目指しています。

水越 康介 首都大学東京, 社会科学研究科, 准教授 (60404951) 連携研究者: 岸谷 和広 関西大学, 商学部, 准教授 (40330170) 清水 信年 流通科学大学, 商学部, 准教授 (70330529) 宮内 美穂 中京大学, 総合政策学部, 准教授 (20340185)

[PDF]

★ 論文 複数の特徴的なマーケティングのタイプが考察 されるようになっている。ロイヤルティプログ ラムにあっても,当の活動が複数のタイプから 捉えられるであろうし,他の活動との相互依存 性や長期的な視点のもとでの検討が必要になる はずである。

経済経営研究 「経済経営研究」について 『経済経営研究』は、経営学研究科経済経営学会が出版する査読付き論文雑誌です。経営学、経済学の最先端の研究を発信する査読付き論文のほか、研究ノート、ケース、資料、書評、翻訳、学位論文の要旨等も掲載し、経営学研究科における研究動向

この [引用先] の件数には Scholar 内の次の論文への引用も含まれています。 * が付いた論文は、プロフィール内の論文とは異なる場合があります。

受賞者: 西川英彦・岸谷和広・水越康介・金雲鎬 プログラムで、高校生が現実の地域課題に対してデザインで解決する、実践的教育を達成. 論文.

ネットの中の流行に注目. インターネット社会が成熟しつつある現在、マーケティングの世界でも「twitter(ツイッター)」や「mixi(ミクシィ)」といったソーシャルネットワーキングサービス

「マーケティング4.0」とは何か。本稿では、首都大学東京大学院准教授の水越康介氏とネスレ日本の津田匡保氏の講演から、その概念と実践について探る。【更新】 (1/2)

日本フードサービス学会 第15回 論文賞 優秀賞 「フードサービス業における『オーナーシップ』の規定要因の研究」 黒岩健一郎・水越康介 (担当:共著) 有斐閣 2012年5月 . 1からのマーケティング分析

[雑誌論文] 東京都保健局・病院経営本部 重要課題研修「経営研修」(研究コース) 平成17年度研究報告(増補拡大版) 2007 著者名/発表者名 桑田耕太郎, 松嶋登, 水越康介

研究者番号 日本の研究.com : 130899 科研費研究者番号 : 60404951 所属 2019年度 (令和元年度) 首都大学東京 経営学研究科 准教授 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得して

Jul 08, 2014 · 水越 康介『「本質直観」のすすめ。: 普通の人が、平凡な環境で、人と違う結果を出す』 できれば多くの方に読んでもらおうと論文調で書くのをやめたのですが、マーケティング論や経営学をはじめとする研究者の方に対しても、一つの方向性を提示し

反応型市場志向と先行型市場志向 水越 康介

所属 (現在):首都大学東京,経営学研究科,教授, 研究分野:商学,経営学,小区分07090:商学関連, キーワード:マーケティング,経営学,ソーシャルメディア,実践,ネット・コミュニティ,ブランドコミュニティ,商学,制度,経営組織,ビッグサイエンス, 研究課題数:18, 研究成果数:203, 継続中の課題

本稿は,倫理的製品の購買行動を消費によるアイデンティティ形成意識と倹約志向・特売志向という 2 つの節約意識の視点からとらえ,質問紙調査と購買履歴データを用いた分析を行った。

[PDF]

「拠点の規模」と「事業における国際化の経験年数」が導入されている。このモデルは,日 本および米国の多国籍企業がeu にもつ拠点への質問票調査の結果によって支持されている。

2件のブックマークがあります。 エントリーの編集は 全ユーザーに共通 の機能です。 必ずガイドラインを一読の上ご利用

反応型市場志向と先行型市場志向 水越 康介

A Consideration of the “Result” and “Reason” in the Exploration Process of the User Needs utilizing AI : From Cases of Amazon.com and Google

水越ゼミ4年の阿部です。 ブログを書くのは久しぶりでログインできるか不安でしたが、なんとかなりました! 歴史分析の最終発表の記事を投稿します。 1.タイトル 町おこしへ貢献する「ゆるキャラ」 変化する定義 2.概要・ポイント

~2016年度. 明石市立明石商業高校 学校評議委員(2015年6月~2017年3月) 神戸市農水産課 補助事業 審査委員 (2016年6月13日)

投稿論文募集(No.18、2021年3月刊行予定) 学術雑誌『イノベーション・マネジメント』の論文・研究ノートを広く学内外 から募集しています。 No.18(2021年3月刊行予定)の募集要項・投稿要領は以下のとおりです。 投稿論文 募集要項・投稿要領(No.18)

Apr 19, 2013 · こんにちは!4年の村田です。 facebookマーケティング対決第2弾!テーマは「インスタント食品」 しょうた君がさすがゼミ長だったので、私も頑張ろうと思ったら、

博士論文 (神戸大学, 2005年) をもとにしたもの 参考文献一覧: p251-267: タイトルのヨミ、その他のヨミ: キギョウ ト シジョウ ト カンサツシャ : マーケティング ホウホウロン ケンキュウ ノ シンチヘイ 水越, 康介, 吉田, 満梨

[PDF]

雑誌記事・論文の探し方 雑誌に掲載される論文は、最新の研究成果として評価できる重要な文献となります。膨大な 雑誌掲載論文の中からテーマに関する論文を探すには、以下のデータベースが有効です。 記事・論文索引データベース

さて、水越康介先生の「理論+リアルのマーケティング」、最新記事は2013年3月 18日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、入門日本経済)」に

水越康介 金 雲鎬: 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書5 『企業家活動でたどる日本の金融事業史 ―わが国金融ビジネスの先駆者に学ぶ―』 白桃書房 ’13/3: 宇田川勝 監修 長谷川直哉 宇田川勝 編著: 2011年度

水越 康介 首都大学東京大学院 しれないし、社会人になれば、いろいろと分析や企画書、稟議を書かなければならない。論文を書かねばなら

著者氏名(共著者含): 水越康介, 日高優一郎 ( Kosuke Mizukoshi, Yuichiro Hidaka) 共著区分: 共著. 論文題目名: 社会的企業家を捉える論理―関係性概念にもとづく公共・非営利マーケティング研究の再検討― 記述言語: 日本語. 掲載種別: 学術雑誌

仮想経験のデザイン 石井 淳蔵&水越 康介「仮想経験のデザイン – インターネット・マーケティングの新地平」 2006年7月刊。 ブログ、SNS、2ch、アバター等、ネット・コミュニティの事例を、 社会学的な理論の観点から分析した論文集。

西川英彦・岸谷和広・水越康介・金雲鎬著 『ネット・リテラシー ―ソーシャルメディア利用の規定因―』 白桃書房、2013年3月: 澁谷 覚 宇田川勝編 『ケースブック日本の企業家 ―近代産業発展の立役者 たち』有斐閣、2013年3月: 佐々木 聡

2013年度 特集:産学連携を問う12・3・6・9月(年4回)刊編集一橋大学イノベーション研究センター発行 東洋経済新報社特集:イノベーションを生み出すための手段として産学連携への期待は大きい。研究資源が集中する日本の大学の「シーズ」と企業の「ニーズ」が結合することで

―首都大学東京准教授水越康介氏との対談 論文紹介 : ARF『Journal of Advertising Research』より

組織学会は、経営学(戦略論、組織論)を中心に学際的に組織の学問を扱う1959年に設立された学術団体です。経営学領域で最大規模の会員数を持ち、学会誌『組織科学』は国内トップジャーナルのひとつとなっています。

[PDF]

水越 康介(首都大学東京) 15:30-15:40 閉会の辞 会場(2階 s22) 副会長:秋山 学(神戸学院大学) ※プログラム、開催会場は変更になる場合がありますので、予めご了承下さい。 ※敬称・法人格略。氏名・所属等に誤りがある場合はご容赦ください。

水越康介: 12 企業の活用事例: 新元号発表の90分後に「令和」バズ 学生論文: 寄附意向を高める広告手法 ―制御焦点理論を用いて

[PDF]

③基本的には毎回1本(英語)~2本(日本語)(1章~2章)のペースで論文・テキストの輪 読をすすめる。 具体的には、経営学の主要な学術雑誌に掲載された論文およびジャーナルに掲載された論文 を輪読していくことで論文を読む力を養う。

[著者]依田 祐一,水越 康介,本條 晴一郎 [担当範囲] 結果重視に向かうAI活用のゆくえ [担当頁] – [備考] 栗木契、横田浩一編著 【学会発表・研究発表】 [1]. A Study of Basis on AI-based Information Systems: The Case of Shogi AI System “Ponanza”

組織学会は、経営学(戦略論、組織論)を中心に学際的に組織の学問を扱う1959年に設立された学術団体です。経営学領域で最大規模の会員数を持ち、学会誌『組織科学』は国内トップジャーナルのひとつとなっています。

2012年度 特集:オープン・イノベーションの衝撃12・3・6・9月(年4回)刊編集 一橋大学イノベーション研究センター発行 東洋経済新報社特集:現在、オープン・イノベーションは、経営学において国内外を問わず大きな注目を集めている。これまでの垂直統合的な企業経営のあり方を

Amazonで栗木 契, 横田 浩一, 水越 康介, 江夏 幾多郎, 吉田 満梨のデジタル・ワークシフトーマーケティングを変えるキーワード30。アマゾンならポイント還元本が多数。栗木 契, 横田 浩一, 水越 康介, 江夏 幾多郎, 吉田 満梨作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

水越康介(2006)「市場志向に関する諸研究と日本における市場志向と企業成果の関係」『マーケティングジャーナル』101号. 市場志向研究のレビューとそれを基礎にした日本企業の市場志向に関する調査を議論した論文

[PDF]

水越康介(神戸大学大学院) 「信用財における知覚品質の構成要素と「価格-品質関係」について」 劉 寧(学習院大学大学院) 「発信する顧客は優良顧客か? -サイトの訪問動機とオンライン・ショップの購買履歴データの分析-」

[PDF]

黒岩健一郎・水越康介(2012)『マーケティングをつかむ』、有斐閣 栗木契・余田拓郎・清水信年(2006)『売れる仕掛けはこうしてつくる』、日本経済新聞社 マーケティング論特殊講義Ⅰ 張華 1 年 2 単 位 木曜日 1時限 前 期 ―82―

論文タイトル 著者名 掲載誌・掲載書名 発行年月 論文分類; 1: 7年で約2倍コニカミノルタ欧州の大成長: 栗木 契